ENGLISHWORM BLOG-イングリッシュワームブログ-

基本的には海外ドラマ(The Bigbang Theory, Chuck , SHerlockとかとか)通した英語の勉強記録をしつつ、うちなーぐち(沖縄語)やスペイン語、韓国語、中国語もちょこちょこ勉強していきます。

Englishwormblog

Where is the beef? 【直訳では分からない英語フレーズ#37】

f:id:piyomuku:20210224124010p:plain 

1.Where is the beef? 意味

  • その話には中身があるのか?
  • その話の’実’は何?
  • (うまいこと言ってるけど)本心はどこにあるの?
  • 中身がないじゃないか?

2.Where is the beef? 由来

 このフレーズは、アメリカのハンバーガーチェーン Wendy's のテレビコマーシャルで,ライバル社の商品のバンズを見て老婦人がWhere is the beef?(一番大切なものがはいいてないよ!)とつぶやくことからがきっかけで使われるようになった言い回しです。

  beef には、物事の重要な点、実体、中身という意味がありますが、これはこのCMから指すようになったようです。

www.youtube.com

3.Where is the beef? 使い方

このフレーズは、言い方によっては「だから何?」という挑発的なニュアンスを含みます。たとえば、机上の空論、あるいは回りくどく要点の掴めない話に対して、端的に批判するような場面で使えます。

 

A:That's all well and good, but, where's the beef?

 -それは結構だけど、何が言いたいの?

B:Well, I mean...

 -あの、つまり...

4.Where is the beef? 類似表現

beefを使った表現

beef to the heels [the knees]

太りすぎて

dressed like Christmas beef

晴れ着を着て

Put some beef into it!

しっかり働け

cut the beef

不平を言う

5.Where is the beef? +α

 日本語には「皮肉」という表現がありますが、元々は、皮・肉・骨・髄とある内の表面を覆っている皮と肉のを指しています。つまり「物事の本質にまで達していない」という意味で、暗に中身のないことを示した言い方です。その意味では beef と似た発想で生まれた言葉であるといえますね。