ENGLISHWORM BLOG-イングリッシュワームブログ-

基本的には海外ドラマ(The Bigbang Theory, Chuck , SHerlockとかとか)通した英語の勉強記録をしつつ、うちなーぐち(沖縄語)やスペイン語、韓国語、中国語もちょこちょこ勉強していきます。

Englishwormblog

解くだけで思いのままに英語が話せる!/塚本亮【ブックレビュー】

f:id:piyomuku:20201228181451p:plain

 

クイズを解いてゆる~く英語フレーズを勉強できる!

 英語のフレーズを学ぶ時、参考書を開いて1つずつ地道に暗記していくというやり方をしている人が多いのではないでしょうか?

必死に覚えようとしても面白みのない単純作業に飽きてしまって、結局やりきらないままに本棚の奥底に眠ってしまう…

 この本は「ひたすら丸暗記する」というつまらない従来の学習スタイルとは真逆の位置にあるものです。

 この本の一番の特徴はゆる~いイラスト付きのクイズを解いていくだけで、「とっさに言えたらかっこいい」「こなれた」英会話100フレーズを楽しみながら勉強できるというところです。

 全部で100問あるクイズは

①マンガで当てる英語フレーズ!

2コマ漫画の最後のフレーズを当てる問題。

②4択英語フレーズクイズ!

ある日本語に対して正しい英語を4択から選ぶ問題。

③答え推測 英語フレーズクイズ!

会話の返答がすべて同じである3つの会話からその英語フレーズの意味を推測する問題。

上記の3つのタイプに分かれており、飽きることなく問題を解き進めてていくことが来ます。

 

 楽しいだけじゃない!クイズ形式のすごい学習効果

このクイズ形式という本書の特徴は「楽しく」勉強できるだけではなく、「効果的に」フレーズを覚えることができるのです!

 

テスト効果で記憶に定着

ワシントン大学の研究によると、単純に覚えようとするよりも、テストをすることで一度自分の中で正解は何なのかとあれやこれや試行錯誤する方が記憶に残るということが分かっています。つまり、ただ覚えるよりも、テストをすることで学習効果は上がるのだそう。

視覚的エピソードで学習効果が2倍に

ゆるくてかわいらしいイラストが満載のこの本ですが、「視覚的な情報」があると、人は見たものを関連付けて覚えるので、思い出しやすくなります。また、各クイズごとに英語フレーズを使用するシーンが設けられているのですが、感情が含まれているエピソードがあることにより、記憶の定着率がとても高まることもわかっています。使用するシーンをイメージし、イラストを見ることで、五感を刺激し学習効果が高まるのです。

 ゲーム化の効果!

ゲーム形式にすることにより、ドーパミン(快楽ホルモン)が分泌されます。それが結果的に記憶されやすくなることにつながると脳科学的にも証明されています。

 

この3つの効果が盛り込まれた100問のクイズを解くからこそ、楽しく効果的にフレーズを身に着けることができるのですね!

 

5つのレベルの目安

100問あるクイズが難易度や、使用頻度などを踏まえて1~5のレベルに振り分けられています。

 

レベル1

日常会話などのカジュアルなシーンでよく使われる2~3語のフレーズが中心。

レベル2

よく使う意味とは別の意味で使われるフレーズや、もっと「こなれた」フレーズなど3語前後のフレーズで構成されています。

レベル3

少し頭をひねらせて想像力を働かせながら解くフレーズが出てきます。カジュアルなシーン以外でも使える3~4語のフレーズで構成されています。

レベル4

意外性のあるフレーズができます。カジュアルでもビジネスでも両方のシーンで使える4語程度のフレーズで構成されています。

レベル5

 英語上級者でもわからないようなフレーズが並び、新たな学びにつながることがあるかもしれません。5語のフレーズが多めです。

 

以上のように5つのレベルに分かれていますが、1~5まで順番にといていく必要はありません。ご自分の好きなところから解いてみましょう!

 

サックと読めるのに、超充実した解説!

クイズの答え合わせ+解説のページは1ページあります。一見浅いようにも見えますが、こちらも工夫がなされています。

 

類似表現や応用表現、フレーズの由来、発音のポイントなど、必要な情報が満載です。

サクッと読める量なのに、こんなにたくさんの学びを得られるようになった解説です。

 

 まとめ

『解くだけで思いのままに英語が話せる!』はとにかく楽しみながらゲーム感覚でフレーズを身に着けることができる本です。

難易度も幅広いので、初級者や上級者問わずおすすめです。

一問から気軽に勉強できるので、忙しいビジネスマンや、英語やり直しの方、勉強の合間の息抜きにしたい方など、どの学習者にもピタリだと思います。